工場は新築より借りる時代|まつげエクステを開業する際に必要な事|好きを仕事に
男の人

まつげエクステを開業する際に必要な事|好きを仕事に

工場は新築より借りる時代

工場

生産ラインの増設に便利

製品の受注が大量に入った時、それを作るために工場を新たに建設するのは難しいと言われています。なぜならその受注が終わった後に追加生産がないと、新設した工場が無駄になるからです。工場の新設がためらわれる場合には、大阪の貸工場を活用するという企業が増えており人気です。大阪には数多くの貸工場があります。それらは工場としての基本的な設備を持っており、短期間で製造ラインを用意できます。急な増産体制が必要になったとしても、大阪の貸工場を活用すればすぐに対応でき、販売機会を逃すこともないため選ばれています。奈良や兵庫、和歌山といった近隣の地域にとっても、大阪の貸工場は利用されています。これは土地的に製品を送り出すルートが確保されているためです。内地の工場を利用するより、作った製品を船便などですぐに配送できる点も有利と言えます。

製品に合わせて選ぶ

アクセス面でも利用しやすい大阪の貸工場ですが、社員が通うことを考慮して選んでおくと便利です。例えば車で通勤する社員が多い会社であれば、主要な幹線道路から近い場所の工場がおすすめです。逆に電車で通勤する社員が多いなら、駅から近い工場を選ぶようにします。郊外の工場ほど安い費用で借りることができますが、アクセスが悪いケースもあるため注意するようにします。出来上がった製品が大きいのであれば、幹線道路沿いの貸工場が適しています。大型トラックでも入りやすい場所の工場を選ぶことで、積み出しがスムーズに行くからです。便利なのが、プラットフォームのある貸工場です。こちらも積み出しをスムーズに行うために欠かせないもので、トラックを横付けにできるので迅速な配送体制を整えることができます。